HOME>記事一覧>初心者にもピッタリな金への投資方法をご紹介

初心者こそ金に投資しよう

金に投資する人はお金持ちの人というイメージがあるかもしれませんが、実は初心者にピッタリなのが純金積立です。純金積立は投資の中でもリスクが低く、毎月決まった額で金を買っていくだけなので、予習も難しくはありません。メリットは毎月1000円から始めることができる少額スタートなことと、ドルコスト平均法でリスクが小さくなることです。毎月の購入額を一定にすれば、金の価格が高い時期のリスクを減らし、平均購入単価を下げることも可能になります。ほとんどの人が自動積立を利用していて、あらかじめ設定した額を口座引き落として購入しています。買い忘れもありませんし、ストレスなく着実に投資を続けることができるでしょう。

どうやって始めればいいか

純金積立を始めるなら、取扱いのある投資会社で口座開設する必要があります。証券会社や銀行、地金商などさまざまな投資会社がありますのでまずはチェックしましょう。1000円~3000円程度の少額から始められ、手数料が安く、年会費などが無料のところが初心者にはおすすめです。慣れて来て積立額を増やしたい場合は、年会費がかかっても購入手数料は無料といったところを検討すると良いでしょう。

税金は実質0円

純金積立に関係してくる税金は、消費税と所得税の2つです。ただ、売却時は消費税分を上乗せするので、実質0円となります。また所得税には控除額があり、個人取引で控除額を超えるようなことはそうそうないため、結局非課税となります。さらに譲渡所得は保有期間が5年を超えると長期譲渡所得となり、課税金額が半額になります。純金積立はもともと保有目的なのですから、税金の心配はしなくても良いでしょう。

広告募集中